こんにちは!

 

 

\双子を含む4児の母/
産後ママの身体と心を楽にする
重ね煮アカデミー®認定師範
山下 麻子です。

 

 

さて、今日のテーマは

食べ方を変えて、産後ママを冷えから守る!

冷たい麺でお昼ご飯を簡単に済ませる」を
変えてみよう!

です。

 
 
赤ちゃん離乳食.jpg
 
子供って、
ちゅるんっと食べられる
そうめんやうどんが
好きだったりしませんか?
 
 
 
 
我が子も小さい頃
「ちゅるちゅる食べたい!」と
喜んでうどんを食べていました。
 
 
 
 
夏休みは特に
作るのも面倒だし、
そうめん茹でて、
 
 
 
 
あとは何か野菜切って、
昼ごはんにしよう!
なんてことも
あったと思います。
 
 
 
 
自分の小さな頃を
思い出してみると
夏休みはかなりの確率で
ひやむぎ・そうめんでした。
 
 
そうめん.jpg
 
 
 
今日も陰陽の観点から
考えてみますね。
 
 
 
麺の原料となっている
小麦」は
穀物の中では
お米よりも陰性です。
 
 
 
 
なので、
実は小麦のとりすぎは
身体を冷やしてしまうのです。
 
 
 
さらに、それを
冷やして食べるとなると、
これもまた
陰性に陰性を足すことに
なってしまいますね。
 
 
 
 
なので、「陽」の季節である
が終わったら
この食べ方は終わりにしましょう!
 
 
 
けんちんうどん.jpg
 
これからおすすめな
食べ方は温かい麺。
 
 
 
 
重ね煮味噌汁の容量で
野菜を重ねて、
味噌仕立ての汁にするなら
一番上にお味噌を乗せれば良いですし、
 
 
 
 
醤油仕立てならば
野菜が柔らかくなってから
塩少々と、醤油で
味を整えてください。
 
 
 
野菜のお出汁が美味しい、
優しい味になりますよ!
 
 
 
野菜たっぷり、
そして煮込んで温かい汁が
身体を温めてくれます。
 
 
 
 
もし魚介のコクが
欲しければ・・・
というアドバイスは
いろいろありますが
 
 
 
美味しく食べながらも
健康になりたい!!
という方は
体験クラスで
聞いてくださいね。